ディレクトリ構造

Linux には不思議な名前をしたディレクトリが多数存在する。例えば etc、usr や srv などがある。これらのディレクトリは、それぞれ使い方や機能が決められている。一般に、ユーザーがデータを保存したり、作業を行ったりするディレクトリはホーム(home)ディレクトリである。それ以外のディレクトリはほとんどがシステム関係である。各ディレクトリの機能はおおよそ次のようになっている。

/bin cd、cp、mv、bash、grep、sed、awk などの標準コマンド・スクリプトの実行プログラムがある。
/boot grub などのシステムを起動するためのブートローダーがある。(※grub の編集は「/etc/default/grub」ファイルを編集し「update-grub2」コマンドを実行して「/boot」に反映する。)
/etc プログラムの起動、終了や再起動などのコントロール機能やプログラム本体などが保存されている。
/home /user ユーザーディレクトリー。ユーザーがデータを保存したり、作業を行ったりする場所は、ほとんどこのディレクトリの下で行う。
/lib システムの共用ライブラリーが置かれている。
/lib32 32bit 版のライブラリーが置かれている。
/lib64 64bit 版のライブラリーが置かれている。
/opt サイズの大きいソフトウェアなどはここにインストールする。
/proc /cpuinfo CPU 型や仕様などの情報。
/meminfo メモリーの容量や仕様などの情報。
/root rootユーザーのホームディレクトリ。
/sbin rootユーザーが利用するコマンドが置かれている。
/sys デバイスやドライバーの設定ファイルなどが置かれている。
/srv HTTP、FTP 用データが置かれている。
/tmp 一時ディレクトリ。システムを再起動すると自動的に削除される。
/usr /bin Linux に標準搭載されているプログラムや apt-get などでインストールしたプログラムが置かれている。
/sbin 管理者がインストールしたプログラムが置かれている。
/local システム管理者が個人的に利用するプログラムなど。
/var /log システムログなどのファイルが置かれている。