パスの通し方

一部の Windows 用のプログラムでは、手動でプログラムへのパスを追加する必要がある。Windows ではパスの追加は環境変数の設定画面で行う。環境変数を設定するにあたって、次の 2 点を予め確認する。

  • プログラムの場所(インストール先など)
  • ユーザー環境変数に追加するか、システム環境変数に追加するか

パスを追加するためには、そのプログラムの場所(パス)が必要である。ほとんどの場合、プログラムのファイルを右クリックして「プロパティ」を選択すれば、そのプログラムの場所(パス)を調べることができる。

また、追加するパスについて、現在のユーザーのみに対して有効にしたいか、それともシステム全体に対して有効にしたいかを決める。現在のユーザーのみであれば「ユーザー環境変数」にパスを追加する。一方、システム全体であれば「システム環境変数」にパスを追加する。

プログラムの場所を調べる

プログラムの場所を調べる。例えば、Bowtie などをプログラムをダウンロードし、「C:\bioapp」に展開してあれば、プログラムのパスは「C:\bioapp」となる。

Windowsディレクトリ構造

環境変数の設定

環境変数の設定ウィンドウを開く。「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」画面の「設定の変更」を順にクリックする。すると、「システムのプロパティ」ウィンドウが表示され、その「詳細設定」タブを選択する。

Windowsのシステムのプロパティウィンドウ

「環境変数」をクリックすると、設定画面が表示されます。

環境変数の設定ウィンドウ

ユーザー環境変数にパスを追加する

現在のユーザーのみに対してパスの追加を行う。そのパソコン上の他のユーザーやシステムに影響を及ぼさないというメリットがある。

「~ のユーザー環境変数」の欄の変数のカラムに「Path」となる一行を探す。Path 変数が存在すれば、その 1 行をクリックし、「編集」ボタンをクリックし、一番最後に「;C:\bioapp」を追加する。Path 変数が存在しない場合は、「新規」ボタンをクリックして作成する。

変数名に「Path」、変数値に一番最初に調べたプログラムのパス「C:\bioapp」を入力する。例えば以下のようにする。

ユーザー環境変数の新規追加

最後に「OK」をクリックしてすべての設定ウィンドウを閉じる。一度ログアウトして、再度ログインすると設定が反映される。

システム環境変数

システム全体に対してパスの追加を有効にさせたい場合は、システム環境変数にパスの追加を行う。「システム環境変数」で「Path」の項を探す(必ず存在する)。次に、その 1 行をクリックし、「編集」ボタンをクリックする。編集ウィンドウの変数値の欄の一番最後に、次のように「;C:\bioapp」を追加する。最初のセミコロン「;」は区切り文字として利用される。

システム環境変数の編集方法

最後に「OK」をクリックしてすべての設定ウィンドウを閉じる。パソコンを再起動すると設定が反映される。

パスの確認

「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を起動して、「Path」を入力して Enter キーを押す。パスの追加が正しく行われると、出力された一連の文字の中に「C:\bioapp」が含まれる。(この例では一番最後に C:\bioapp がある)

コマンドプロンプトで環境変数Pathの確認方法